よくある質問と答え

映像制作会社を探して当株式会社コーデック・ヴィジョンのサイトをご覧頂いていると思います。今はインターネットで簡単に探せます。しかし、ちょっと探しただけで国内には沢山の映像製作会社があります。同じようなホームページを訪ねて、あなたは、きっとこおお思いでしょう「一体何を基準にして、どの映像制作会社やビデオ制作会社に発注していいかわからなぁ・・・」全国には様々な映像制作会社やビデオ制作会社がありますが、得意分野や制作する規模、地域に根ざして営業しているかどうか等、選択の基準が見ることが出来ます。なかなか発注先を選択するのは難しいと言えますが、各社の実力をしっかりと見極めることができれば、イメージしているビデオや映像を完成することができると思います。



ビデオ/DVDの制作や各種映像制作会社など発注先の選択のポイントとは?
ビデオ/DVDの制作会社は国内には多数あり、得意分野や制作する上で対応できる範囲の幅など、千差万別です。お客様が望んでいる「映像製作」に応える会社を探すのは大変な作業です。大まかに言うと、製作のご予算にあわせて発注先を選択するのが一番分かりやすいと思います。何社かに同じように「今回作りたい映像製作」イメージを伝え、見積もりをとることが必要です。ただし現在は全てが「安かろう悪かろう」ではなく、制作会社の得意分野がマッチしたり、当社のようにフルデジタルで作成するような場合、少ない予算でもいいものを作ることが出来ます。そのためには製作会社の力量を知ることから始めましょう。過去の実績、予算内でどこまで対応できるかなどを詳しく聞く必要があります。映像製作会社の成り立ちも多岐に渡っておりますが一つの選択基準となるでしょう。スチール系・写真スタジオから成り立っている会社は、結婚式や講演などの比較的「撮るだけ的」な仕事が得意です。テレビ局などの製作を請け負っている会社は、手の込んだセット撮影、野外ロケ、キャスティングを得意としていますが、販売促進や広告マーケティング的なものは苦手なようです。また、デザイン会社から派生した会社は、グラフィックやCG、エフェクト編集が得意です。映画・オリジナルビデオなどを制作している会社は、構成や台本、演出など役者を使った映像制作が得意です。映像制作会社と折衝する場合どのような経緯で設立されたかを聞くと、おおよその得意分野が分かります。その他、「低コスト」を売りにした、個人の映像制作者がいます。彼らはフリーのクリエーターを集めチームを組んでやっていて、比較的低予算で請け負うことが多いです。ただし責任の所在、納期、トラブル発生時の対処などの考えられるリスクは、御社の発注担当者が取ることになるので、契約書面を交わす等、責任の所在を明確にする注意が必要です。



映像制作を発注の相談をする時のポイントとは?
どのような目的で映像制作をするかお教え下さい。例えば、商品説明用のカタログビデオを作る、イベントで商品説明をする、テレビやインターネットで配信する等々です。さらに、映像でご紹介する商品やサービスなどを具体的にお聞かせください。また、実歳の制作時には、機密保持契約等を結び商品やのブランド戦略やキャンペーン等についても詳しくお聞きすることがあります。ご発注者があまり不慣れな場合は、中小の広告代理店を挟んで発注することも考えてみてください。多少金額は上がってしまいます、問題点やアピールポイントを整理して映像製作の専門会社に発注してくれます。



希望によった映像を製作させるポイントとは?
「よく分からないからお任せします・・・」というのはNGです。確かに映像製作上の、カメラや編集や音楽の事が分からないのは当たり前ですが、映像で紹介する、商品やサービスについては、あなた以上に映像製作会社のスタッフが理解しているとは思えません。完成した際、見栄えはいいが思っていたものとは全然違うイメージとなった、さらに、訴求のポイントがずれているなど、完全に作り直す様な事態を引き起こしかねません。製作のステップ毎に確認、決定権者による社内認証を受けコンセンサスをとる必要があります。これはお客様にも映像製作会社側も大変な労力が必要なのですが、ここをしっかりと行うことで、目標や目的を達成するビデオ/DVDや映像を制作することが可能となり、無駄なコスト無駄な時間をかけることを防ぎます。



映像制作コスト削減のポイントとは?
製作料金のページでもご説明いたしましたが、映像制作の料金はほとんどが人件費と機材費です。まず、総体のコストを下げる一番のポイントは、御社の中でどれぐらい、構成や原稿、素材をまとめるかにつきます。上げ膳据え膳の会社を選ぶか、自社内でディレクションを行うかで大幅なコスト減が可能です。さらに、作られた映像を転用しトータルのコストを下げることも可能です。オリジナルムービーを作り、それをVHSやDVDにしたりWEB上で配信するストリーミングファイルにしたり、それぞれを別会社に発注するのではなく、当社のようにフルデジタル環境で全て製作出来る会社に発注することによりコスト削減が出来ます。また、コスト削減、低予算をアピールしている会社は、基本作業金額で客寄せを行い、実際仕事に入ると「ここまでやるなら後幾ら必要」と、結局多大な支出になってしまう場合が多いと聞きます。当社は「安い金額だけ」でアピールはしません。最新デジタル環境だから製作時間の短縮や人的コストを下げられます。ただし、作業範囲がデジタル環境以外の部分は、通常とあまり変わらないと思います。「全てを安くする」と謳っている会社のホームページは、セールストーク以外の何者でもありません。